生理中は米肌でスキンケアしても良いの?肌荒れ対策

 

生理前後は誰でも肌荒れしてしまうもの。

 

米肌の澄肌美白や肌潤シリーズを通常通り使い続けてもよいのでしょうか?

 

米肌 澄肌 コーセー 美白 美肌 

 

生理前後で基礎化粧品を変更する女性もいるようですが、はっきり言って面倒ですよね。

 

それに、違う商品をラインで揃えたらコストがかかります!
しかも生理前後にしか使わない商品が出てくると、なかなか消費しなくなり、後のち古いものを使い続けなければならなくなってしまいます。

 

私は基本的に生理前後の肌荒れしてしまう時期でも、同じ基礎化粧品を使っていて良いと思っています。

 

私の場合は米肌の澄肌美白シリーズや肌潤シリーズですが、肌荒れの時期に使っていても特に問題はありません。

 

とは言え、生理前後の肌トラブルが起きやすい時期は今自分がどのような状態なのか把握して、スキンケアもそれなりに気を使うようにしています。

 

まず生理中ですが、卵胞ホルモンや黄体ホルモンの分泌が少なくなる時期です。

 

お肌は敏感になって乾燥しやすくなるためトラブルが起きやすくなります。
なので普段以上にお肌をこすらないよう、優しくスキンケアするようにしています。

 

米肌シリーズの中には、澄肌美白もそうですが、化粧水をコットンに含ませてお肌を拭く方法を推奨していることがあるのですが、生理期はこの方法をしないようにしています。

 

普段からハンドプレスする事の方が多いのですが、特に生理中はハンドプレスでじっくりお肌の奥に美容成分を浸透させています。

 

生理中でもコットンの方が向いている人もいるでしょう。

 

やってみてお肌の状態を確認しながら、ベストな方法でスキンケアするのが良いですね。

 

コットンの線維が痛く感じるくらい敏感になっていたら、別のコットンを使ってみるという方法もあります。

 

あと、この時期はいつもと違う化粧品を使わないようになど気をつけた方が良いでしょう。