コーセー「米肌」は読み方が難しい?「澄肌美白」なんて読む?

コーセーの「米肌」ですが、私は最初何て読むか分かりませんでした!

 

漢検2級をもっているので漢字の読みにはそこそこ自信があるのですけれどね(笑)

 

KOSE「米肌」は「まいはだ」と読みます。こ

 

うして記事に書くときも「まいはだ」と書いて変換出来ないのでわざわざ単語登録しています。

 

「澄肌美白」は「すみはだびはく」と読み、同様に単語登録しています。

 

読みにくいですが、字面やゴロは良いですよね!

 

米肌や澄肌美白に限らず、コーセーでは「雪肌精」を「せっきせい」と読むみたいに、商品名の美しいものが多いですね。

 

お米の力を取り込んだ基礎化粧品は日本人女性のお肌と相性が良く、ライスパワー系のスキンケア用品を求めている女性も多いでしょう。

 

ただ、ライスパワー系の基礎化粧品はお値段が高いものが多いですよね。
KOSE米肌の澄肌美白や肌潤もやはりお値段は高いですが、それでもまだ頑張ったら手の届く金額です。

 

米肌の注目成分は何と言っても「ライスパワーNo.11」になりますが、これは米を90日間発酵させて、じっくり熟成させたものから抽出された成分です。
もちろんお米はこだわり抜いて作られた安心安全の国産。

 

お肌の内側からの潤いを作り出す水分保持能力が大変高く、ふっくらと内側から光輝くような美肌が目指せます。

 

他ビタミンC誘導体など多くの美容成分が配合されているため、あらゆる角度から攻めの美肌作りができます。

 

KOSEからは様々な化粧品が出ていますし、米肌からも澄肌美白シリーズや肌潤シリーズなど種類があります。

 

澄肌美白は何と言ってもドラッグストアや百貨店では購入できない、通販サイト限定の商品です。公式サイトでの限定販売で、2週間のトライアルセットが1,389円というのも限定商品ならではの魅力ではないでしょうか。